経済ニュース

円高

円高とは為替市場の取引における円の価値の上昇をさす。
円を買う動きが強く円の価値が高まることを円高、円を売る動きが強く円の価値が低くなることを円安という。
例えば、朝の時点で1ドル=90円だったものが夕方に1ドル=89円になった場合を円高、1ドル=91円になった場合を円安という。
円高は、輸出産業の業績の良否、輸入製品の価格などを決定する大きな要因であり、国民の生活に深く関わっている。

為替

為替とは、離れた場所にいいる2者が、直接の現金によるものではなく、お金を授受する仕組みのことです。

直接の現金を送付するリスクや手間、手数料等の費用の軽減に役立つ仕組みで、個人間の取引でも一般的に利用されている
メジャーな手法である。
銀行においても預金・貸出しと並ぶ主要業務の一つとなっている。



外国為替

海外旅行にいこうと思ったら、行き先を調べる他に、パスポートの準備、言葉について等いろいろと準備が必要です。
そして何より大事なのが現地の通貨について。
日本円が使える国もわずかながら有りますし、カードで大抵のものは支払い可能です。
しかしながら、全てをそれらで行うことは出来ないので、やはり現地の通貨は必要となってきます。

現地の通貨が必要ならどうするか。
必要とする外国の通貨と同等の価値の日本円を用意して、両替する必要があります。
アメリカならドル、イギリスならユーロとなりますが、それら外国の通貨と、日本の通貨というように、異なる通貨を交換することを
「外国為替」と言います

外貨と交換の際に、使用されるのが外国為替レートで、よくニュースで耳にする 1ドル78円30銭から78円33銭 というようなレートが
それです。

キャッシング

キャッシングとは、消費者金融から無担保で小口の融資を受けることをさしていいます。
カードローンともほぼ同義ですが、カードローンの場合は、銀行の提供する無担保の小口融資の商品を利用することを指している場合
が多く、消費者金融の利用=キャッシング、銀行の利用=カードローン という使い分けが多いようです。

ただし、無担保で小口の融資を金融機関から借りるという行為自体に差はなく、内容としては実質同じものです。

安心感では、やはり銀行に軍配が上がりますが、利便性やノウハウは専業である消費者金融にやはり分があり、使い勝手を求めるなら
消費者金融も選択しからは外せません。
また、銀行のカードローンも最近は審査時間が早く即日で借り入れできるところも増えましたが、かつては即日融資といえば消費者金融に
頼るしかない状況でした。
銀行は消費者金融を子会社化、グループ会社化したり、保証会社として消費者金融と提携することで、そのノウハウを利用して
即日融資を可能としました。
銀行のカードローンの最大に利点は、現在消費者金融が法律によって規制されている総量規制(借入総額が年収の1/3までに規制されるもの)
の規制を受けないため、すでに年収のい1/3以上の借入がある場合も、審査次第で借入可能ということです。
これは、総量規制に抵触してしまってるが、あと少しだけ借りたいという人には、検討の価値がある商品でしょう。
利便性を重視するか、安心感を重視するか、速度を重視するか、人によって重視のポイントは異なりますので、比較して目的にあった会社を
探して利用するのが賢い利用の第一歩です。優良な会社を比較して探せる、カードローン、キャッシングの比較サイトはコチラ