たまの休日には、家族は気の合う仲間とキャンプなどのアウトドアな楽しみも魅力な選択肢の一つ。
家族で素敵な思い出を作ったり、仲間と楽しい時間を過ごしたり、アウトドアには絆を深める不思議な魅力がありますね。
そんなお休みの日を有意義にすごせるアウトドアの情報をご紹介

アウトドアライフ情報

オートキャンプについて

オートキャンプとは、キャンプサイトまで車を乗り入れてキャンプをする、いわば車(=オート)を使ったキャンプのことで
狭義にはキャンピングカーを利用して、寝泊まりしながらのキャンプを指します。
車で乗り入れできる専用のオートキャンプ場を使えば、キャンプサイトのスグ横に車を付けれるので、荷物の持ち運びの手間や
作業がなくなり、便利で気軽にキャンプをすることができます。

キャンピングカーについて

キャンピングカーとは一般的に、寝泊まりができる設備を備えた車のことで、日本独自の呼称です。
キャンピングカーにもいくつか種類があり、一般的には下記の区分けが行われています。

【フルコンバージョン】

アメリカでは、キャンピングカーの主流となっているのがこのフルコンバージョンと言われるタイプです。略してフルコンなどと呼ばれていますが
シャーシから専用のものを作っているため、コンベージョンと言われていますが、実際にはコンバージョンではありません。
全長は7メートルを超える大型のものもあり、車内で全ての生活ができるように設計されているため、車内での生活はかなり快適です。
車と言うよりも部屋が移動しているようなイメージです。
しかし、日本では、道路事情等もあり、大きさや費用面から普及していなかったが、やはり本格的にキャンピングカーを楽しもうと思ったら
選択しとして入れたいタイプのキャンピングカーです。

【キャブコンバージョン】

日本で最も多いタイプのキャンピングカー。トラックやバンをベースカーとしており、運転席はそのままで、後ろの部分をキャンピングカー仕様
にしたものです。日本では家族の使用を想定して作られているものが多く、広さもそれを想定として作られています。

【バンコンバージョン】

バンと呼ばれる、ワンボックス車をベースにキャンピングカー仕様にしたもの。
通常のバンのサイズなので、ほとんどの車が普通免許で運転でき、駐車場も専用のものを必要としないサイズのものが多いため、日本の道路
駐車場事情を考えると、扱いやすいタイプのキャンピングカー。
ただし、他のタイプと比べると小型な車をベースとしているため、扱いやすい反面、居住空間は狭く、車内での快適性は低いと言えます。

【バスコンバージョン】

マイクロバスなどをベースにキャンピングカー仕様にしたもの。車体が大きいため車内の生活は、快適そのもの。
しかしながら、普通免許での運転が難しかったり、駐車できるスペースも限られたりと、日本では扱いづらいタイプでもある。

また、窓が大きいため断熱効果が薄いなどといったデメリットもある。

【軽自動車キャンピングカー】

軽自動車をベースにしたキャンピングカー。近年のキャンピングカーブームや団塊の世代の余暇で注目を浴びている。ベース車両の価格の低さ、低維持費、取り回し易さ、駐車場を選ばない、夫婦2人での使用が可能など、日本での使用スタイルにマッチしていることが人気の理由。


車中泊について

高速道路の1000円政策は終了したものの、土日祝日のETCによる割引は継続中ですので、車中泊の需要は高く、まだまだ人気です。
車内泊は何よりも時間や場所の制約が少ないのがいいところ。
道の駅などは、夜になると車中泊の車が多数止まっていますが、マナーの問題等でトラブルになることも。

特にキャンピングカーの場合は、車体が大型なこともあり、車中泊の旅行の途中で温泉に行ったり、旅館に泊まったりというのも駐車場等の
問題から断られたりすることも。
そういったキャンピングカーでの車中泊などの問題をなるべく解決するための、キャンピングカーでも問題なく利用可能な淀などを紹介したサイト
コチラ
キャンピングカーで車中泊する際にはぜひ参考に